無駄なくコンテナボックスを使うには

荷物が増えてきている現代人にとって、収納する場所は非常に重要になります。例えばは、住宅を建築するときや賃貸住宅を借りる時に収納の多さを重視している人がいましたが、最近は、コンテナボックスを利用してそこに預けてしまうので、収納の大きさをそれほど気にしない人が増えてきました。
コンテナを利用するメリットは、本来家や会社に置ききれない荷物を預けておくことができる点です。これを利用することによって、たくさんのものを所有することができます。また、荷物を整とんすることもできるため、どこに何がおかれているか分からなくなるということはないでしょう。
ただし、収納する順番も問題になります。収納する順番が適当であればどこに物がおかれているか分からなくなってしまう可能性もあります。そこで、収納する順番をメモに記入しておくとよいでしょう。

種類に応じて使い分けることも重要

コンテナボックスを利用する場合には、様々な種類がありますので、使い分けることが重要になります。荷物の中で、基本的に貴重品を預けることはできませんが、温度管理が必要な場合もあります。例えば契約書など、ある程度重要な書類であれば、段ボール箱などに入れて預けることも可能です。ただし、そのボックスの中が高い湿度であれば紙がしわしわになってしまい、中身を確認することができなくなるでしょう。
実際に、屋外のコンテナを使う場合雨漏りが発生していることもあります。そのような場面を考えると、書類などが含まれているものは、しっかりとした温度管理や湿度管理がされているボックスを選ぶのが重要になります。
温度管理や湿度管理がされているところは、たいてい室内にあるボックスになります。

どのぐらいの大きさを選ぶべきか

コンテナボックスを借りる場合は、どのぐらいの大きさのものを借りたらいいか迷う人も多いのではないでしょうか。通常コンテナはフィートで表すのではなく畳の大きさで表します。0.5畳から6畳位までの大きさになっているのが普通です。
基本的に一人暮らし用の荷物でも、かなり荷物が少ないのであれば0.5畳から一畳ぐらいでも問題ありません。一方で、妹つが多い場合は2畳位の面積を選ぶと良いでしょう。一人暮らしの荷物であればそれ以上の広さは必要ないはずです。
家族住まいの場合で、荷物が少ない場合は3畳位の広さがちょうど良いです。例えば本を渡2LDKのアパートやマンションに住んでいて、それでも1部屋分ぐらい空き部屋があるような感じであれば、3畳位あれば十分です。ある程度荷物が多い場合は6畳位のスペースを選ぶと良いです。